住宅建築用防水・気密テープ 建築養生テープ 両面粘着テープ・ファミリ クリーンルーム対応テープ 製品一覧 お問合せ TOP
カットクロス/カットエース カットエース スミカボンド カットクロスローラー/メガカットクロスローラー
アルミテープ メガカットクリーンローラー
粘着除塵ロール
カットクリーンローラー
 

■製品構成

*ポリエチレンコアを使用しております。



●除塵性に優れる
適度な粘着性を有し、微細な埃をしっかり取ります。
●手切れ性に優れる
基材にエンボス加工を施し、どこでも簡単にきれいに手で切れます。またカッター等不使用で粘着異物混入が少なくなります。
●巻の方向性が無くリターン使用も可能


■製品特性   ■製品仕様
品番

基材厚み
(mm)

粘着剤 粘着力
( N/25mm)
N-03 0.09 アクリル系 粘着剤 4
W-01 0.08 アクリル系 粘着剤 1


410〜600mm
長さ 20m
コア内径 76mmΦ
*数値は測定値であり、保証値ではありません。 *規格の詳細は別途ご確認ください。


■他社品との比較評価(1)
   
カットクリーン ローラー
(N-03)
他社品
A
初期粘着力

N/25mm
SUS板 3.7 5.2
PE板 1.1 3.4
PPr板 1.7 5.2
ABS板 4.5 6.6
AL板 2.5 5.7
MMA板 3.3 4.5
ガラス板 3.8 5.7
汚染性
(軽転写)
目視観察
MMA板
鏡面AL
ガラス板
アウトガス
(%)
60℃・VM 0.13 0.14
*測定条件
 1.汚染性
    試験板表面を溶剤で洗浄乾燥後、粘着ローラーを試験板上で転がした後の試験板を観察する。
    汚染性評価 → ○: 汚染無し  △: 少しの汚染  ×: かなりの汚染

 2.アウトガス
    ・60℃オーブン中で1週間放置後の重量を測定し減少率を算出。
    ・熱分析で300℃加熱後の重量を測定し減少率を算出。



■他社品との比較評価(2)
除塵率の測定結果
試験条件 粉塵散布のまま(加圧無し) 粉塵散布後1kgの金属ロールで加圧
塵材質 銅粉 PE樹脂粉 バイトンゴム ウレタンゴム 銅粉 PE樹脂粉 バイトンゴム ウレタンゴム
粉塵数(個)
カットクリーン
ローラー(N-03)
72 0 64 0 124 0 16 0 102 0 30 0 88 0 94 0
76 0 90 0 178 0 56 0 176 0 56 0 136 0 96 0
68 0 120 0 144 0 22 0 180 0 154 0 104 0 126 0
48 0 54 0 160 0 16 0 134 0 132 0 86 0 48 0
除塵率(%)   100   100   100   100   100   100   100   100
他社品 20 0 56 0 56 0 16 0 28 0 32 0 52 0 34 0
42 0 52 0 50 0 60 0 108 0 42 0 106 0 122 0
40 0 68 0 44 0 32 0 116 0 64 0 134 0 88 0
48 0 96 0 38 0 22 0 42 0 40 0 218 0 31 0
除塵率(%)   100   100   100   100   100   100   100   100

*測定方法

  シリコンゴム(硬度30°・厚み3o)の上にPETフィルム(厚み25μm)を貼り合わせ、PETフィルムを任意の大きさでカットしシリコンゴムから取り外す。PETフィルムを取り除いたシリコンゴム面に上記塵材料を散布する。クリーニングロールを使用する前後での塵材料の個数を測定する。 上記試験条件は、シリコンゴムに塵材料を散布後、塵材料をシリコンゴムに押し付けたか否かを意味いたします。
*その他条件
  @測定面積:1cm□
A場所数:4ケ所
Bクリーニングロールは手で1方向に1回転させる。
C塵材料の大きさ:74μm以下
*考察
  カットクリーンローラー・測定他社品とも除塵率は100%でありますが、弊社品は測定 他社品よりも粘着力が低くまた塵材料の個数が他社品測定時よりも概ね多い量になっているにもかかわらず除塵率が100%であることから、除塵率は今回測定の他社品と同等以上であると判断いたします。



■テープ断面写真

カットクリーンローラーをMD方向に切断し、切断面を横から観察


シボ部の粘着剤はシボ形状に沿ってほぼ均一に塗工されており、粘着剤は支持体にきっちり支持されているため、テープカット時に粘着材の脱落はほとんど見られません。



■テープ切断面写真
カットクリーンローラーを手・良好なカッター刃・不良カッター刃それぞれで切断し、切断面を上部から観察。
  倍率設定175倍   倍率設定100倍  

手で切断
  手で切断
 
 
シボ部の底に基材強度保持のため一定間隔で肉厚を厚くしており、この部分が手切れ時に引き伸ばされ切断面に凹凸が発生するが粘着剤のみのはみ出しはほとんど見られない。
 


良好なカッター刃で切断
 
良好なカッター刃で切断
 
 
粘着剤がカッターでの切断時に刃に接触するため若干の粘着剤はみ出しが見られる。
 


不良なカッター刃で切断

 
不良なカッター刃で切断
 
 
基材断面に細かな凹凸が生じ、粘着剤も基材面から大量にはみ出している。
 
  この観察より手切れ基材が粘着異物対策に有効であると判断いたします。  






Copyright SUMIKA PLASTECH All rights reserved.