わが家の自慢がまた増えたー住化(スミカ)の床暖房。住化プラステックは確かな蓄熱技術で快適生活をサポートします
住化プラステック(株)は住友化学工業(株)のグループ企業です

蓄熱技術アイディアの箱
>>住化の技術とは?
>>利用例
>>お問い合わせ




>>蓄熱技術アイディアの箱 トップページへ
>>イベント情報
>>床暖房トップページ
>>パッシブ・スミターマル



蓄熱技術ハンドブック


<潜熱蓄熱材の種類と性能>
潜熱蓄熱材の種類
現在、実用化されている代表的な潜熱蓄熱材の種類を下表に示す。


■実用化されている代表的な潜熱蓄熱材の種類
潜熱蓄熱材の種類 融点 融解熱
kJ/kg
無機水和塩 塩化カルシウム水和物 29.7 192
硫酸ナトリウム水和物 32.4 251
チオ硫酸ナトリウム水和物 48 197
酢酸ナトリウム水和物 58 264
有機物化合物 パラフィン 28.2 243
36.4 247
44 157


潜熱蓄熱体の構成と構造
潜熱蓄熱材は、物質単体で用いられることは無く、無機水和塩系潜熱蓄熱材は、用途分野に適した相変化温度にするため融点調整剤を添加したり、耐久性を高めるため過冷却防止剤、相分離防止剤等を添加した混合物をポリポロピレン等の合成樹脂製の容器に充填した潜熱蓄熱体(潜熱蓄熱材を容器に充填又は被覆材で被覆したもの)として用いられる。またパラフィン系潜熱蓄熱材は、パラフィンをゴムまたは合成樹脂に練り込み、板状に成形したものをアルミラミネート被覆材で被覆した潜熱蓄熱体として用いられている。

潜熱蓄熱体の種類
代表的な潜熱蓄熱体の種類と性能を下表に示す。


■代表的な潜熱蓄熱体の種類と性能
  主原料 硫酸ナトリウム水和物 酢酸ナトリウム水和物






融解温度 ℃ 32 42
凝固温度 ℃ 30 39.4
蓄熱量 J/g
(温度範囲) ℃
155
25→35
164
35→45
比熱(固/液) J/gK -/3.3 3.6/2.7
密度(固/液) kg/立方メートル 1340/1340 1390/1350
体積変化   % 1以下 4以下
耐久性4000サイクル 異常なし 異常なし






容器材質 ポリプロピレン ポリプロピレン
寸法 mm 250
500
25
245
800
40
面積 平方メートル/枚 0.14 0.20

潜熱蓄熱材 kg 3.11 7.36
容器 kg 0.59 1.12
潜熱蓄熱材 kg 3.70 8.48
蓄熱量 kJ/枚 481 1,207
許容温度 ℃ 50 60
可燃性(容器/蓄熱材) 可燃/不燃 可燃/不燃



■代表的な潜熱蓄熱体の種類と性能
  主原料 チオ硫酸ナトリウム水和物 パラフィン






融解温度 ℃ 43 32
凝固温度 ℃ 39 32
蓄熱量 J/g
(温度範囲) ℃
190
33→43
213
24→42
比熱(固/液) J/gK 2.0/4.2 2.51/-
密度(固/液) kg/立方メートル 1500/1600 900/-
体積変化   % 6以下 10
耐久性4000サイクル 異常なし 異常なし





容器材質 ポリプロピレン アルミラミネートフィルム
寸法 mm 250
400
25
245
800
21
面積 平方メートル/枚 0.10 0.20

潜熱蓄熱材 kg 2.0 3.3
容器 kg 0.4 0.1
潜熱蓄熱材 kg 2.4 3.4
蓄熱量 kJ/枚 380 703
許容温度 ℃ 70 80
可燃性(容器/蓄熱材) 可燃/不燃 可燃/可燃










(c)SUMIKA PLASTECH All reights reserved.
>>住化プラステック株式会社ホームページへ