わが家の自慢がまた増えたー住化(スミカ)の床暖房。住化プラステックは確かな蓄熱技術で快適生活をサポートします
住化プラステック(株)は住友化学工業(株)のグループ企業です

パッシブ・スミターマル
>>パッシブ・スミターマルとは?
>>パッシブ・スミターマルの秘密
>>パッシブ・スミターマルQ&A

お問い合わせ
パッシブスミターマルに
関するお問い合わせはメールにて
受け付けております:
yukadanbo@sumikapla.co.jp

>>パッシブ・スミターマルのトップページへ
>>イベント情報
>>床暖房トップページ
>>蓄熱技術アイディアの箱




パッシブ・スミターマルの利用例のご紹介


住友林業株式会社のMyForest
冬の日射を利用する「床用蓄熱パネル」
冬の晴れた日に、窓から入り込む日射熱を、床下の蓄熱材に加え、日射が無くなった夜に利用することができます。
せっかくの昼の日射によって家の中が暖かくなっても、そのままでは夜になるとすぐに冷えてしまいます。昼の暖かさを夜まで持続させるには、熱が逃げないように断熱をよくするのはもちろんですが、日中に取り込んだ日射熱を熱容量の大きい材料に蓄熱させて、夜間に利用することが効果的です。
これを実現するのが床用蓄熱パネル「スミターマル」です。
http://sfc.jp/ie/ryoonbo/taiyou/index.html

株式会社福地建装(本社:北海道上磯町)のFAS工法住宅
福地建装のFAS工法住宅は、同社が何千棟という数の住宅建築に関る過程で、100年以上快適な住宅を造れるのか、ゼロエネルギー住宅は可能か、健康住宅は何を基準にするか、等の問題を追及しつづけた結果生れた高い耐久性と気密・断熱性能を持つ住宅です。
冬場は内部発生熱と窓から入る太陽熱を蓄熱、夏場は専用エアコンの効果により蓄冷することのできる、高熱容量の住宅を支えているのは、床下のFAS専用蓄熱パネル「FASタイトプレート」です。FAS工法住宅は当初は床下に蓄熱材として砕石を使用していましたが、FASタイトプレートの採用によって一段と高性能を実現できました。砕石は放熱で発熱体自体の温度が下がりますが、FASタイトプレートは一定温度で長時間発熱を続けます。夏場、25℃以上の気温になると、FASタイトプレートの吸熱量は砕石と異なり大幅に低下する特性となっており、熱い夏場に余計な放熱を起こしません。
この優れた蓄熱性能はパッシブ・スミターマルで実現されています。
http://www.fas-21.com/







(c)SUMIKA PLASTECH All reights reserved.
>>住化プラステック株式会社ホームページへ