わが家の自慢がまた増えたー住化(スミカ)の床暖房。住化プラステックは確かな蓄熱技術で快適生活をサポートします
住化プラステック(株)は住友化学工業(株)のグループ企業です

事業者の皆様へ

>>スミターマルシステムの概要
>>スミターマルシステムの部材
>>スミターマルシステムの種類
>>設計方法
>>温度測定事例
>>お問い合わせ
>>カタログダウンロード
>>技術資料ダウンロード
>>取扱説明書ダウンロード

>>事業者の皆様へ トップページへ
>>イベント情報
>>床暖房トップページ
>>パッシブ・スミターマル
>>蓄熱技術アイディアの箱

二次側電気設備のご紹介


<標準工事範囲>
一般に、制御盤の据付け、制御盤からヒーターまでの配管・配線工事、および制御盤以降の温度センサー配管・配線工事を二次側電気工事とし床暖房設備の施工範囲となる。
ただし、設計時点での客先打ち合わせにより調整される施工範囲が優先されるので、十分に確認をおこなうことが必要である。


<二次側電気系統>
ヒーターの制御をおこなうコントロールユニットの配置方法により、二次側電気系統を2種類の方式に大別できる。
集中制御方式は、コントロールユニットをまとめて制御盤を設置する方式である。
部屋別制御方式は、部屋単位にコントロールユニットを配置する方式である。

1.集中制御方式


2.部屋別制御方式










(c)SUMIKA PLASTECH All reights reserved.
>>住化プラステック株式会社ホームページへ