わが家の自慢がまた増えたー住化(スミカ)の床暖房。住化プラステックは確かな蓄熱技術で快適生活をサポートします
住化プラステック(株)は住友化学工業(株)のグループ企業です

事業者の皆様へ

>>スミターマルシステムの部材
>>スミターマルシステムの種類
>>設計方法
>>電気設備設計
>>温度測定事例
>>お問い合わせ
>>カタログダウンロード
>>技術資料ダウンロード
>>取扱説明書ダウンロード

>>事業者の皆様へ トップページへ
>>イベント情報
>>床暖房トップページ
>>パッシブ・スミターマル
>>蓄熱技術アイディアの箱

スミターマルシステムの概念


<蓄熱式床暖房>
スミターマルシステムは、料金の安い深夜電力、時間帯別電灯料金制度、業務用蓄熱調整契約等を利用した蓄熱式の電気床暖房システムである。
具体的には夜間、床内に敷設された電気ヒーターにより暖房しながら、熱容量の大きな潜熱蓄熱体スミターマルに熱を蓄えておき、電力供給が停止する早朝から蓄えた熱を床から徐々に放熱して暖房をおこなうシステムである。


<24時間連続暖房 >
スミターマルシステムは、一日24時間の連続暖房に適したシステムである。
負荷計算により建物の断熱性能を評価し、それに応じたヒーターと潜熱蓄熱体スミターマルを選定することで24時間安定した暖房を可能とした。また、床からの放熱量は室温により左右され、室温が下がれば放熱量が増え、逆に室温が上がれば放熱量が減るため、室温が一定に保たれるよう自然にコントロールされる。



<システムの製品構成>
スミターマルシステムは、RC構造に適したモルタル床埋め込みタイプのルナホット、木造系の根太組み床に適したルナセラー、ルナキットに分かれている。



<システムの構成>
スミターマルシステムの構成は大きく分けて、発熱部、制御部、電源部(工事範囲外)より構成される。発熱部は、潜熱蓄熱体スミターマルと電気ヒーターより構成され、建物の床内にモルタル等によって埋設される埋込み工法、木造の根太間に設置される根太間工法がある。
制御部は、コントロールユニット単体またはコントロールニットを複数台組み込んだ制御盤と温度センサーより構成される。











(c)SUMIKA PLASTECH All reights reserved.
>>住化プラステック株式会社ホームページへ