わが家の自慢がまた増えたー住化(スミカ)の床暖房。住化プラステックは確かな蓄熱技術で快適生活をサポートします
住化プラステック(株)は住友化学工業(株)のグループ企業です

ここが知りたい、床暖房の基礎知識
>>住化の技術、ココが違う!
>>床暖房一問一答

商品情報
>>住宅用床暖房
>>建築用床暖房
>>価格一覧
>>お問い合わせ
>>カタログダウンロード
>>取扱説明書ダウンロード

>>事業者の皆様へ

>>床暖房トップページへ
>>イベント情報
>>パッシブ・スミターマル
>>蓄熱技術アイディアの箱



あったかプラザ


長野県坂城町立 坂城中学校
長野県の坂城中学校は廊下などは除き、普通教室や特別教室を中心に床暖房を使用しています。

使用システム
ルナホット 、ルナセラー
床面のクッション性を考え、ルナセラーを中心に施工。


教頭 近藤 恒昭 先生

ストーブだと、教室全体を均一に暖めることができません。ストーブの近くでは熱く、反対の隅のほうは寒いというのが教室の一般的なイメージでした。その点、床暖房は教室内の温度差をなくすことができます。
生徒の反応は良好です。「ホテルのような感じだ」と快適さを表現しています。朝、学校へやってくると教室がすでに暖まっている、ストーブが置いてなくて教室が広々としている、煙突がないので窓からの採光も妨げられない、といったことから都会的な印象を受けて、「ホテル」と表現しているのだと思います。
「小学校では頭の方は暑いけどひざから下が寒かった。中学はそういうことがなくて快適。」という声を聞きます。席では上履きを脱いで素足で暖かさを楽しんでいる生徒も居ます。
また、電気を熱源にするスミターマル・システムは排気を出さないので、排気臭がないのも快適さの一つです。

生徒
一日中、教室のどこにいても暖かい。
小学校ではストーブの近くは熱くて、遠いと寒かった。
つま先が冷たくならない。










(c)SUMIKA PLASTECH All reights reserved.
>>住化プラステック株式会社ホームページへ